小橋しゅんプロフィール - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

小橋しゅんプロフィール - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

小橋しゅんプロフィール - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

小橋しゅんプロフィール - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

はじめまして。私は小橋しゅんと申します。

 

私はあなたに笑顔だのハッピーだのといった言葉を並べたきれいごとを言って、
ただ単に気持ち良くなりたいわけではありません。

 

会話テンプレートの目的は、女性の警戒心を下げ、心を圧倒的に開き、
好きにさせることにあります。

 

私が提供するのは、好きな女の心を乱暴なまでにヅガーンッと開かせ、
その中にあるものを手に入れる方法なのです。

 

私は平気で女性にウソをつきます。

 

職業を偽り、気持ちを偽り、事実を歪めます。

 

なぜなら、それが女性の心を圧倒的に開かせる方法だからです。

 

「それって女性を騙すってこと?」とあなたは顔をしかめるかもしれません。

 

いいえ、違います。

 

決してウソをついて女性を騙せと言っているわけではありません。

 

私の言っていることがウソやデタラメばかりであることは相手の女性もすぐにわかるので、
騙すことはできません。

 

だからこそ、女性の心を他の誰よりも開かせることができ、結果的に女性を落としています。

 

私は平気で女性にウソをつきます。デタラメばかりをいい言います。
失礼なことを平気で言います。気分次第で無愛想な時も多々あります。

 

なぜなら、それが女性の警戒心という何重ものロックを解除し、心を圧倒的に開かせる強力な方法、私が開発した会話テンプレートに従った黄金の会話法だからです。

 

 

小橋しゅんプロフィール - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

私はサッカーや野球を始めとする「皆で定期的に集まって、
何かをする」系の遊びが子供の頃から苦手でした。

 

「ゴールを外したら周りにどう謝ろうか?」とか「どのくらい本気でやれば嫌われずに済むか?」とか、「集団の中での自分の評価」が気になって仕方のない子供だったからです。

 

そんな私でしたが、小学校低学年の頃までは、唯一「親友」と呼べる友達Sがいました。

 

Sはすごくイイ奴で、親が共働きで寂しい気持ちでいる私と、よく一緒に遊んでくれました。

 

幼い私にとって、Sは心の支えとなっていました。

 

でも、Sは小学3年生に上がってから地域のサッカークラブに通い始めました。そしてクラブ活動が忙しくなるにつれ、私とは遊んでくれなくなりました。

 

私は正直「Sと一緒にいるために自分もサッカークラブに入ろうか?」と何度も迷いました。
でも、集団の中に飛び込むのが怖くて、結局入れませんでした。

 

サッカークラブの仲間とサッカーの話で盛り上がるS。私とは話すことも少なくなっていきました。

 

そして私は「自分には本音で何でも話せる友達がいない」という不安感に毎日さいなまれ、ついには神経症になってしまったのです。

 

 

・手があかぎれになっても手を洗うのを止められない、

 

・家を出る時、ちゃんと鍵がかかっているか10回以上確認する、

 

・「地面につくものはとても汚い」という概念から、外出すると毎回靴を洗う、

 

・それから、ノートを床に落としただけで、じゃぶじゃぶと水で洗ったこともあります。

 

 

その症状は2年間ほど続きました。
私は被害妄想が強い人間だったのです・・・

>> 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】の詳細はこちら!
スーパー会話テンプレート - 価格キャッシュバック

女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール 女と話せる方法 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判