女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

あなたが好きな片想いの女性、彼女のあなたに対する警戒心が会話によって一気に下がり、彼女があなたに心を開くと、何が起こるか、知っていますか?

 

 

彼女は、

 

 

他人には見せない笑顔を、あなただけに見せます。

 

他人には言えない悩みを、あなただけに話します。

 

他人には見せない部分を、あなたには見せてくれます。

 

他人にはしてあげないことを、あなただけにはしてくれます。

 

他人にはさせないことを、あなただけにはさせてくれます。

 

他人には触れさせない敏感な部分を、あなただけには触れさせてくれ、

 

他人には聞かせない女の声を、あなただけには聞かせるのです。

 

 

それがどんなに素晴らしいことなのか、彼女のことを想っているあなたが、一番知っていますよね。

 

もちろんそれは彼女にとっても素晴らしいことです。
自分が心を開くことができる男性がいるということは、彼女にとって、大きな喜びなのですから。

 

彼女は自分が知らない自分に出会います。

 

あなたのことを

 

「こんな男の人はじめて」

 

と思うのと同時に

 

「こんな自分、はじめて」

 

そう思うことでしょう。

 

あなたは彼女に、新しい自分を発見する喜びさえも与えることができるのです。

 

 

でも、もしかしたら、あなたは私の言っていることが信じられないかもしれません。
「そんなこと言ったって俺には無理だよ!」ってあきらめているかもしれません。

 

大丈夫です。
少しだけ、私の悲惨な過去の話を聞いてください。

 

あなたがあきらめる理由なんて何もないことをお分かり頂けると思います。

 

 

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

中高校生時代は、私も一人前に思春期を迎えて発情していましたが、
もちろん彼女はできませんでした。

 

プロフィールに書いた通り、小学生時代に人間関係でつまずいたので、
その後も上手くいくはずありません。

 

さらに私は、自分の容姿が悪いということにその頃、気づかされました。

 

チビ、ハゲ、ブサイク、それが私です。

 

高校時代まではそれに加えてデブでした。
ストレスで食いまくっていたので、体重が80キロ以上ありました。

 

身長は163cmです。ヒールを履いた女からは、たいてい見下されます。

 

ハゲは、おでこハゲです。良くいえば、めちゃくちゃ広いおでこです。

 

はっきり言ってブサイクです。
お笑い芸人の「ほっしゃん」に似ていると言われたことがあります。

 

 

 

そんな私でしたので、クラスメイトからは何をやってもバカにされていました。

 

アニメにハマれば「モテないからアニメに現実逃避した」と同級生に言われました。私はロリコンアニメばかり観ていました。確かに言われたとおりの逃避でした。同年代や成熟した大人の女性は恐くて仕方がありませんでした。幼女なら自分の思いどおりにできると思ったので、2次元というアニメの中にも幼女を求めました。

 

スポーツに打ち込めば「モテないから汗をかくしかやることがない」と言われました。しかもスポーツは運動神経が無さ過ぎ、集団行動も苦手なので全くダメでした。

 

「モテないんだから、頑張って勉強して良い大学、良い企業という進路を選択して、カネ目的の女と経済力で結婚するしかないだろ」と言われたこともあります。

 

「そうかも知れない・・・」自分でも思ったこともありました。

 

そのクセ妙にプライドだけは高かったのです。

 

まれに「小橋は彼女いないの?」と聞かれると「まあ、しばらく女には振り回されたくないかな」などと経験豊富そうなハリボテ発言をしていました。完璧に痛いヤツでした。

 

私の通っていた学校はもう本当に
「恋愛至上主義」が空気のように常識になっている環境だったのです。

 

おかげで暗く鬱屈した要素が盛りだくさんの中高時代でした。

 

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

容姿と性格でバカにされ、差別され続けたせいか、
私はニュースを見るのが怖くて仕方ありませんでした。

 

ニュースを見ると

 

「28歳男、交際相手の10代女性を暴力の末殺害!」

 

「有名タレントの○○、覚せい剤使用の末、内縁の妻刺殺」

 

「48歳の結婚詐欺師、10人の女性から貢がせた金額の総合計2000万円!」

 

といったような報道をやっています。
私はこういうニュースが恐かったのです。

 

事件の残忍さがではありません。
自分が彼らのようになってしまうのでは?ということでもありません。

 

「犯罪を犯すような男にでさえ恋人や妻がいるのに、自分には女友達さえいない」
という惨めな現実に向き合うのが怖くて仕方がなかったのです。

 

 

「オレって人殺しよりも魅力が無いのかな・・・」
という不安が、24時間ずっと頭にへばりついていました。

 

私は「好きな女と楽しく付き合いたい!」という思いだけは捨てきれませんでした。

 

全く成功する見込みがないにもかかわらず、恋愛しようとする気持ちだけはもち続けていたのです。

 

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

私がそんな「恋愛したい!」という気持ちを行動に移すことになったのは、大学浪人時代でした。

 

浪人時代の私は不安でいっぱいでした。

 

果たして志望の大学に受かることができるのか。
受からなかったらどうなるのか。

 

将来結婚できたとしても顔も見たくもない口臭のひどいブスくらいなのではないか。
それとも一生恋人ができずに童貞のまま妖精となって人生が終わるのか。

 

同級生や同僚からは一生バカにされ、唾を吐きかけられ見下され続けて生きるのか。
ホームレスになって飲食店のゴミを漁って生きていくのか。
それともビルから飛び降りようか・・・。

 

私の不安は限界値を越え、不害妄想が大きく膨れ上がりました。
心因性の頭痛や腹痛がひどくなりました。

 

「この不安を解消する方法は?」私は自問しました。

 

私の脳が導き出した答えは「女にモテるようになること」でした。

 

「モテなくちゃ、モテなくちゃ、モテなくちゃ」

 

私の頭は女にモテるようになることに支配されました。神経症が再発していたのです。
手を洗ったり鍵をかけたかどうかが気になる代わりに、
「絶対にモテる男にならなくちゃ」と思い込みました。

 

私は「どうすれば女にモテるか」
「どんな会話をすれば好きな女を口説き落とせるか」ということを研究し始めました。
恋愛本を次から次へと読み漁りました。

 

女と接することも平気になりました。なぜ平気になったかというと、強迫観念に支配されて突き動かされているので、自意識がどこかへ吹っ飛んでしまったからです。

 

目の前の相手にどう思われるかといった微視的な悩みよりもずっと大きな恐怖や妄想に動かされていたのです。

 

私は静かに狂っていたと思います。

 

私は出会った女には次から次へとアプローチし、告白し、次から次へと撃沈していきました。心はズタズタで血が流れていましたが、流血したまま進み続けました。

 

通っていた予備校のかわいい講師に告白して「私、ダンス部の彼氏がいるんだー」と、
即効撃沈しました。

 

それでもめげずに、恋愛本に書いてあるテクニックを次から次へと彼女に試してみました。
そしてまた告白し、撃沈しました。

 

幼なじみにも告白しました。「うーん、そういう風には見られない」と撃沈しました。

 

私はまた恋愛本を読み、書いてあることを女性と接する機会があるたびに試していきました。

 

そしてある日、奇跡が訪れました。

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

私は志望校のランクを下げ、なんとか大学に受かりました。

 

受験が終わり暇になった時、私はかわいい予備校講師に、再度アプローチしました。その時、私は彼女にすでに3度も撃沈していました。

 

しかし、その時は、私が好意を示すと彼女はまんざらでもない反応。

 

「マジか!?」

 

私は彼女に4度目の告白をしました。
そしてなんと、彼女からOKの返事をもらったのです!

 

私は有頂天になりました。受験が終わった途端に彼女ができたのです。
それも3度もフラれている大好きな女です。

 

長い長い苦しみから突然抜け出すことができた。
真っ暗な、いつ終わるか分らない長い長いトンネルが突然終わったような気分でした。

 

私は生まれて初めての女性とのキスを体験しました。
駅前にあるラブホテルで初体験をしました。
トンネルを抜けて待っていたのは、夢見心地の不思議な気分でした。

 

そしてふと、思ったのです。
「これは本当の現実なのか? 
それとも、とうとう自分は妄想の世界から抜け出せなくなったのか?」

 

しかしそれは紛れもない現実でした。
なぜなら私はその後すぐに、思いっきり、ぶちのめされるからです。

 

交際を始めてから4カ月ほど経ったある夜、私は彼女に呼び出されました。
きっと彼女は私に会いたくて、いてもたってもいられなくなったのだろうと思いました。
しかし、彼女の口から出てきたのは、私には信じられない言葉でした。

 

「元カレとヨリを戻したから、別れて」

 

彼女は全く悪びれる様子もなく言いました。

 

「彼氏とヨリを戻した。あなたと付き合ったのは、彼氏とケンカ別れしたショックで、
どうかしちゃってただけ。だからもう会わない」

 

彼女が言ったことを要約するとこんな感じだったと思います。
彼女は私の知らないところでダンス部の元カレと会うようになり、いつの間にかヨリを戻していたのです。

 

「あなたと一緒にいても全然、楽しくなかった」

 

「(ダンス部の)彼は、会話してると楽しくて、心を開いてなんでも話せた」

 

そう言われたのは、今でも強烈に覚えています。

 

私は彼女にとって、「どうかしちゃって」ないと、交際するような男ではないのでした。

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

私は彼女にとって、「どうかしちゃって」ないと、交際するような男ではないのでした。

 

私は何も信じられなくなりました。

 

恋愛本や会話の本に書いてある会話法やセリフを実践していたにもかかわらず、
「会話が全く楽しくなかった」と言われてしまった。

 

彼女ができたのは恋愛本に書いてあるテクニックを実践したおかげだと思っていましたが、
全くのカンチガイだったわけです。

 

好きな女にフラれたのと、自分が必至に勉強してきた自称「恋愛の達人」たちの会話術が実は全く役に立っていなかったことのダブルでショックでした。

 

特に、全く恋愛本なんか読んでいないであろうダンス部の彼のほうが、彼女の心を開かせることができたという事実は、私に致死的ダメージを与えました。

 

私は彼女と付き合っている時に、そのダンス部の彼の顔写真を見せてもらいましたが、はっきり言って私といい勝負、若干私の方が勝っているのでは?というレベルでした。しかもダンスも下手クソだということでした。

 

「じゃあどこが良かったの?」
まだ私と彼女が付き合い始めの頃、彼女に尋ねました。

 

「話してると楽しかったのかなあ。いつの間にか気を許して、心を開いてたんだよね。それが心地よくて」
彼女はそう答えました。

 

一体その男は彼女にどんな話し方をしていたのか?

 

私の会話とはどこが違うのか?

 

悔しくて悔しくて仕方がありませんでした。

 

そして、再度、女性を口説き落とす研究を一からやり直すことにしたのです。

 

心因性の頭痛や腹痛が再発して私を苦しめるようになっていました。

 

頭からごっそりと毛が抜けました。

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

ほどなくして大学に入学した私は、「会話の鬼」になる決意をしていました。

 

全く役に立たなかった恋愛本は近所の公園で全て焼却処分にし、私はリアルでのモテ男を研究することにしました。

 

幸い大学には会話が上手いヤツらがたくさんいたので、サンプルに困ることはありませんでした。
私は彼らを観察し、どこがいいのかもわからないまま真似をしました。

 

バイトで稼いだ金は、全てパーティーやオフ会につぎ込みました。
そこでもモテる男を常に観察し、見よう見まねで女を口説きまくりました。

 

なかなか結果は出ませんでしたが、何も捨てるものがない私は、
ひたすら女性を口説きまくり、データを取りました。

 

どの言葉が反応が良かったか。

 

どの言葉とどの言葉のコンビネーションが良かったか、悪かったか。

 

 

もちろん、なかなかうまくいきません。
しかし私は心を無にして会話マシーンと化しました。

 

 

そして、失敗に失敗を重ねていたある日・・・

 

私には突如、見えました。

 

「人気の集中する男は、会話の話題、発言の仕方に一定の共通点がある」

 

その共通点が、突然、私にハッキリと見えたのです。

 

「モテる男」はたくさんいますし、いろんなタイプがあります。

 

・ファッション
・性格
・顔
・身長

 

など、さまざなな違いがあるのに、“女を口説いている時”は「皆、ある一定のパターンにしたがってしゃべっている」ということがわかったのです。

 

その時は単なるひらめきで、確証がなかったので、私はすぐにそのパターンを出会い目的の異業種パーティーで試してみました。

 

するとどうでしょう。
目の前の女性が、あっという間に笑顔になるではありませんか。

 

今まで私がどんなに頑張っても見ることができなかった、
女性の心からの笑顔だということが分かりました。
たくさんの女性が、モテ男たち“だけ”に見せていた、「あの笑顔」です。

 

分かりますか?

 

私は女性がモテ男の前だけで見せる笑顔が、
欲しくて欲しくて、うらやましくて仕方がありませんでした。
その笑顔を、女性が自分の前で見せている。

 

さらに私は言葉を重ねました。
彼女の目が輝きました。心が弾んでいるようです。
1オクターブか2オクターブくらい高い声を上げて、彼女は私の言葉に反応し始めました。

 

発見したパターンは、当たり、本当に使えるものでした。

 

「えっ、こんなんでいの?」

 

自分で発見して試しておきながら、そう思いました。
ぶっちゃけ、大したセリフは言っていないのです。
全て自分がいつも使っている、ただの簡単な日本語です。
ただし、配列や組み合わせ、それからタイミングが違います。

 

「パターンを変えるだけで、こんなにも反応が違うものなのか!?」と、驚愕しました。

 

私は発見の喜びにドキドキしている自分の鼓動が相手にバレないか心配しながら、さらに会話を進めました。私はとても楽しくなっていましたが、それ以上に彼女が盛り上がっている様子でした。最後には、私が冗談を言うと、彼女がパシッと私の腕を軽く叩いて笑うまでになっていました。

 

「よしっ!」彼女に腕を叩かれるたびに私は心の中で叫びました。

 

パシッ♪「よしっ!」

 

パシッ♪「よしっ!」

 

楽しいコミュニケーションです。この時の喜びは、今思い出しても楽しくなります。
むかし私が遠くから羨ましく眺めていた、
モテ男が女性を笑顔にしている一場面、そのモテ男に、私がなった気分でした。

 

成功を確信した私は、そのまま勢いに乗り話し続けました。
そして彼女の連絡先を無事に手に入れ、キッチリとゴールを決めることができたのです。

 

出会ってからちょうど7日後、2回目のアポで彼女をゲットすることができました。

 

 

 

女と話せる方法 - 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

 

 

そして私は、モテ男への道を一気に駆け上がりました。

 

パターンを掴んだ私に恐いものはありませんでした。

 

世界がガラリと変わりました。
視界が明るくなって、心と体は羽が生えたように軽くなって、毎日が楽しくなりました。

 

学校やバイト先の女性に気軽に声をかけられて、明るい表情と声が返ってくる。
それがこんなに楽しいことだったなんて、本当に驚きでした。

 

これは経験しないと分からないことです。

 

そしてこれを経験できるのは、限られた人間だけなのです。
お金では決して買えない、会話上手な男だけの特権的な快感です。

 

正のモテ・スパイラルは天井知らずでした。

 

気がつくと、私はどこへ行っても注目を浴びる人気者に変身していました。

 

男性からも女性からも声をかけられるような存在になっていたのです。
友達が増え、無理に集団の価値観に合わせなくても充実した人間関係を築けることを知りました。

 

逆に、嬉しくなっちゃって調子に乗りすぎて失敗することが何度もありました。
そこはすぐに反省して、解決策の仮説を立てて実証し、すぐにノウハウ化しました。

 

また、私の周りにはモテる男たちがたくさん集まってくるようになっていたので、他者の成功事例のサンプルはいくらでもありましたし、成功事例の本人に会話の「真の意図」を確認することもできました。

 

モテ男の表に見える軽い会話の裏には、計算されつくした意図がある場合があります。

 

天然モノの生まれつきのモテ男にとっては当たり前すぎて気づけない意図と方法なのですが、私が彼らにしつこく追及することにより、本人さえも自覚していなかった女性の心を動かすための計算と方法論が、どんどん明らかになっていきました。

 

感覚派の天才は理論を構築できません。
理論を構築できるのは、私のような気の狂った凡人なのです。

 

「確かにそうだわ。俺やってる、それ」
モテ男たちは私の理論を聞くと皆そう言いました。

 

そのようにしてノウハウ化をどんどんと推し進め、私は『モテ』に特化した会話を、完全に体系化することに成功しました。

 

スーパー会話テンプレートの完成です。

 

私はそのテンプレートを使い、黄金の学生時代を過ごしました。
当然のように学会発表や就職面接も成功し、
その後も現在まで、社会人としてモテ人生を歩んでいます・・・

>> 女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】の詳細はこちら!
スーパー会話テンプレート - 価格キャッシュバック

女をくどく方法【スーパー会話テンプレート】

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール 女と話せる方法 教材の内容中身 金額特典返金保証 購入者の結果評判